採用情報

HOME > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 千田 厚

先輩社員紹介

千田 厚

安心してビルをご利用いただくために。
責任がある分やりがいも大きいですよ!

2005年入社
第二営業部 管理課 課長代理
多摩大学 経営情報学部卒

今の仕事の内容は?

仕事イメージ

当社が所有しているビル全体の管理業務です。ビルの管理業務と言いましても、専門的な作業はグループ会社であるトーショーサポートが行いますので、特別な資格や経験が必要であったりすることはありませんが、具体的な業務内容としては設備の不具合などの突発的な事故対応や、テナント様からのクレーム対応など、諸問題の解決に向けて、営業部をはじめとする関係各署との協議や調整を行います。
また毎年数棟所有ビルのリニューアル工事を行いますので、業者の選定から完了検査まで担当することもあり、この場合はゼネコンや工事業者、商店街や近隣住民などとの折衝となります。テナント様が安心して当社ビルをご利用いただく事と、ビルの資産価値を劣化させない事、これが私の使命です。

仕事のここが面白い!

管理課はテナント様だけでなく、ゼネコンや工事業者、ビルの立地する商店会や近隣住民など、様々な方と接することとなります。多くの人と関係を持つことで多様な考え方を教えていただく事もあり、本当に面白い仕事だと思います。それが自分の財産にもなりますし、自分自身の成長にもつながると考えています。また当社の強みは入居率が高く、安定した賃料収入を得られる事ですが、テナント様が快適に営業できるよう裏で支える事も管理課の仕事であるとやりがいを感じています。
その中でも年に数棟実施するビルのリニューアル工事は多大な費用がかかるという意味でもスケールの大きさや仕事の醍醐味を感じます。工事完了後は新しくビルが生まれ変わったようになり、テナント様からも喜びのお言葉をいただくと非常に達成感を感じます。

心に残っているエピソード

管理課に異動となり1年目の事ですが、所有ビルのリニューアル工事を2棟任されたことがありました。その時の経験は今でも自分の財産となっています。工事を実施する際にゼネコンの選定から始まり、管理会社との改修項目の調整や、停電を伴う工事が発生する際の営業課ならびにテナント様との調整、また近隣への騒音対策など、工事一つ実施するだけで想像していた以上に様々な調整を伴った事を覚えています。
リニューアル工事だけではありませんが、現在の仕事を行う際に常に感じることは、相手が何を望んでいるのか先を読んで対処しなければならないことと、どんな状況にも対応できるよう事前の準備がいかに大切なのかを教えられました。

東京ビルディングの魅力

いくつかありますが、やはり一番は職場の雰囲気が良いことですかね。これは景気の影響に左右されにくく収益基盤が安定しているということと、比較的休日数が多く、不必要な残業もそれほど多くない、仕事とプライベートのメリハリがしっかりできることが理由なのかなと感じています。
また事業規模の割に社員数が少なく、まさに少数精鋭という言葉がぴったりなほど、一人あたりの仕事の成果が目に見えてわかるところもその分やりがいがあります。

学生へのメッセージ

私自身そうでしたが、就職活動は今後の自分の人生にとって非常に大切な事なので、多くの企業を見る事が大切だと感じていました。
ただその中で漠然と企業を見ていくのではなく、私が重要視したのは企業で働いている人の雰囲気でした。業績や実際に行うこととなる仕事内容なども大事ですが、職場の人間関係が一番大事だと感じていましたので、そこを重要視した結果、縁あって東京ビルディングに入社することができました。もちろん人それぞれ重要視する部分は異なりますので、しっかりとそこを見極めた上で就職活動をしていけば、必ず自分に合った企業が見つかると思います。最後に、就職活動は誰もが経験したことがないため、不安や戸惑いなどあると思いますが、行動した分だけ何かしらの成果が出ると思いますので、最後まで諦めずに行動してほしいと思います。

PAGETOP